「ホワイトニング効果は嘘?」正しい歯磨き粉の選び方とは?

ホワイトニング歯磨き粉って
種類が多くてどれが本当に 良いのか判らなくなりませんか・・・?
 
値段が高くなれば、効果に期待ができるのかな???
 
それでも、効果が無ければ悔しいし・・・
 
しかし、大切な事は値段ではありません!
 

あなたの、「歯や歯茎の状態」「生活習慣」に合わせた選び方が大切なのです。
 
まず、ホワイトニングの歯磨き粉と聞くと
黄ばんだ歯が漂白されて、歯が真っ白になると思われがちですが
 
正しくは、汚れや着色を落とす効果に優れているという事です。
 
 
 
日本の薬局で購入できる歯磨き粉には、漂白する様な成分
「過酸化水素」「過酸化尿素」
といった成分は薬事法で禁止されている為
含まれておりません。
 
 
そこで今回は、日本の薬局で購入する事ができるホワイトニング用の歯磨き粉
実際に汚れや着色を落とす効果的な成分についてご紹介していきます。
 
 
どの歯磨き粉が、今のあなたの歯に合っているのか判りやすくなるかと思います。
 
ご参考になれば幸いです。
 

ホワイトニングの歯磨き粉の効果的な成分とは?

研磨剤成分は危険なの?

歯磨き粉の殆どに含まれているのが
 
「研磨剤成分」または「清掃剤」です。
 
(無水ケイ酸、リン酸水素ナトリウム、水酸化アルミニウム、炭酸カルシウム、など)
 
これらの成分が基本的に歯に付いた汚れや着色を落とす
メインの役割を果たしております。
 
 
 
また、ホワイトニング用と書かれている歯磨き粉には
これらの成分の配合が多いと考えられます。
 
 
その為、通常の歯磨き粉に比べ
落ちにくい タバコのヤニ、頑固な汚れや着色には
効果が期待できると言えます。
 
ただし、これらの成分によって、歯の表面のエナメル質の歯が、
研磨剤成分により、傷つけられるといったデメリットもあります。
 
 
 
歯の表面に細かな傷がついてしまうと、どうなるのか・・・・?
 
・細かな傷に着色や汚れが染み付きやすくなり、逆効果
・歯の表面が薄くなる事で、知覚過敏になりやすい
・エナメル質下に隠れている象牙質の歯(黄色)が透けて見えてしまう
・歯茎にもダメージを与えてしまい長年の使用で、歯周病の原因につながる
 
 
 
効果的に、使用するには?どうすれば・・・?
 
・ゴシゴシと磨かず、音が立たない程度に優しくブラッシングする事
・毎日の使用は控え、週に3回など間隔をあけて使用する事
 
 
 
研磨剤成分を多く含んだホワイトニング用の歯磨き粉は
使い方を間違えてしまうと逆効果になってしまうという事を
覚えておいてください。

汚れや着色を落とすのに効果的な成分は?

ホワイトニングの歯磨き粉に良く、含まれている成分で有名なのが
(ポリリン酸Na、ピロリン酸Na、ポリエチレングリコール、PEG−8、など)
 
 
これらの成分は、歯の表面の頑固な汚れや着色を除去する効果に優れています。
 
 
研磨剤成分とは違い、歯を傷つける事がありませんので
安心して使用できる成分です。
 
 
歯の黄ばみが目立つ場合(喫煙者の方など)は
これらの成分が歯磨き粉に含まれているか成分表を確認してみてください!
 
 
 
中には、ホワイトニング用と記載されていない
通常の歯磨き粉にもこれらの成分が含まれている事がありますが
 
ホワイトニング用の歯磨き粉に比べ、配合量は少ないと考えてください。
 
 
最近では、研磨剤成分を除いた、
これらの成分がたっぷりと配合された
 
毎日安心して歯の汚れ除去ができる歯磨きジェルなども販売されています。
 

ホワイトニングだけじゃない歯を守る効果的な成分は?

歯を綺麗にする事だけではなく
歯を守る事も忘れてはいけません!!
 
 
虫歯予防、歯周病予防、着色予防に効果的な成分
(フッ素、ハイドロキシアパタイト、デキストラナーゼ、など)
 
 
これらの成分は口に残った食べカスや、虫歯菌が出す酸によって
溶け出した歯(脱灰)を修復、コーティング(再石灰化)してくれます。
 
脱灰は、虫歯や歯周病、歯の黄ばみの 原因につながりますので
注意しなければなりません。
 
 
 
もともと口内で分泌されている唾液も歯の脱灰を
防ぐ働きをしてくれていますが
 
更に、これらの成分が素早く再石灰化を促進してくれますので
虫歯予防、着色予防、歯周病予防には 適している成分といえます。
 
 
 
また、知覚過敏症に悩む方などにも抑制効果がありオススメの成分です。
 
 
綺麗な歯を長く保つ為に、効果的な成分になりますので
これらの成分が含まれている歯磨き粉を選ぶ事も忘れないでください。
 
 
毎日安心して使用できる、ホワイトニングに特化した人気商品です。 人気の歯みがきジェル!『ディノベートデンタルホワイトプロ 』

海外のホワイトニング用歯磨き粉ってどうなの?

はじめにもお伝えしましたが、日本では
漂白効果のある成分を含む歯磨き粉の販売は禁止されています。
 
 
しかし、海外の歯磨き粉には、歯科医師がホワイトニング治療でも使用される
(過酸化水素)(過酸化尿素)といったこれらの成分を含む歯磨き粉があり
ネット通販で手軽に購入する事ができてしまいます。
 
 
 
その為、歯を白くする効果には日本の歯磨き粉より期待は できそうですが
決して日本人の歯の特徴に合わせて作られた歯磨き粉ではありませんので
使い方には十分に注意しなければいけません!!
 
 
日本人の歯は、欧米の人の歯より小さく
エナメル質も薄いと言われています。
 
歯の状態、エナメル質の薄さによって 個人差はあるかと思いますが
刺激が強烈でズキズキと歯や歯茎に痛みを感じる事があります。
 
 
また、歯の表面のエナメル質が薄くなっている場合は
知覚過敏になる危険性もありますので注意してください!
 
 
 
使用する前に ホワイトニング治療を行っている
歯医者や審美歯科の先生に歯の状況を見てもらい
相談してから使用をする事をお勧めします。
 
 
※購入は、自己責任なりますので注意してください。
 

歯の黄ばみ対策!心がけること・・・

・色の濃い飲食物
(コーヒー、コーラ、ワイン、醤油、ソース、ケチャップ、カレー、チョコ、など)
 
これらの汚れは、常に日々蓄積されていきます。
できるだけ食事をした後は、歯の脱灰を防ぐ為に歯を磨く
もしくはお口を濯ぐ事を心がけてください。
 
 
できれば、歯間ブラシを使い歯の隙間の汚れを除去する事をお勧めします。
歯の隙間に唾液の通り道を作って上げる事も大切!!
 
 
 
・タバコ
喫煙者の方は、タバコの成分のタールが本当に厄介だという事を理解しておきましょう!
タールは歯に染み付きやすく、とても頑固な黄ばみになります。
 
 
対策としては、タールを抑えるフィルターパイプを使う
もしくは加熱式タバコ(アイコスなど)に 変える事をお勧めします。
 
 
 
お口の乾燥
お口の美容液とも言われている唾液の分泌が減ってしまうと
口内環境を整えることができなくなります。
 
 
唾液は(虫歯、歯周病、口臭、歯の黄ばみ)
これらの症状に効果的に働いてくれています。
 
歯が黄ばみやすい人は、唾液の分泌が少なく
お口が乾燥しがちな人が多いと考えられます。
 
 
お口が乾燥しやすい人は、ガムを噛む、こまめに水分補給をするなどで対策して
口の中が常に潤っている状態をキープするように心がけて見てください!
 
 
 
 
・歯の磨きすぎ
歯の黄ばみが気になって、ついつい歯をゴシゴシと磨いてしまいがちですが
強く磨く事で歯を傷つけてしまい、逆効果になってしまいます。
 
歯の表面に細かな傷が増えることで
その傷に汚れや着色が染み付きやすくなってしまうのです。
 
 
歯磨きは丁寧に、シャカシャカと音が立たないぐらい優しく磨いても
研磨剤入りの歯磨き粉を使用していれば十分に効果はあります。
 
また柔らかい歯ブラシを使用するように心がけてください。
 

まとめ

ホワイトニング用の歯磨き粉を選ぶときのポイントは価格ではなく
しっかりと、成分を確認する事が大切であなたの歯の状態に合った歯磨き粉
選ぶようにする事が大切です。
 
 
 
今回は、海外の歯磨き粉についても少し触れてみましたができれば歯医者さんや
審美歯科などで一度相談してから使用するようにしてくださいね!!
 
 
また、アレコレと、歯磨き粉を買い換えては試すを
繰り返しているのであれば・・・・
 
 
審美歯科で簡単に治療ができる歯のクリーニングを
試してみるのもお勧めです。
 
 
いくらホワイトニング用の歯磨き粉だからといっても
長年の蓄積で 取れない黄ばみ(歯石)があります。
その場合は、クリーニングでサッと取り除いてもらいましょう!
 
 
長い文章になりましたが、最後までお読みくださいまして
ありがとうございました。
 
 
最後に オススメ の審美歯科を載せておきます。
 
歯のクリーニング から 様々なホワイトニング治療 まで
メニューが豊富で 無料でカウンセリングもしてくれます!
 

【ホワイトエッセンス】

Pocket
LINEで送る


コメントを残す