なぜ私の歯は黄ばむの?その原因は、お口の乾燥だった!?

「最近どうも歯の黄ばみが目立つ様になってきた」
「毎日、ちゃんと歯を磨いているのにどうして歯が黄ばむの?」
「とにかく普通の歯の色でいいから、、なんとか戻したい・・・」
 
なんて事に あなたは 悩んでいませんか??
 
私も、2年前までは、同じような悩みに苦しんでいました。
とにかく不潔に見られるのが嫌で嫌で・・・・
学生の頃の様な、白い歯に戻したいと強く思っていました。
 
そこで、今回は、同じような悩みを持つあなたに
 
伝えたい事があります。
 

歯の黄ばみを防ぐのに大切な事、
それは「お口の乾燥を防ぎ、唾液を沢山分泌して歯を守る」です。
 
実はこれ、私が、歯医者で歯のクリーニングを行っている時に先生から教えて頂いた対策です。
 
あなたも、お口の乾燥に 心当たりありませんか???
 
まさか、お口の乾燥、唾液の分泌量が歯の黄ばみの 原因だったなんて思いもしませんでした・・・
 
 

私だけどうして歯が黄ばむの??真実と対策を知った時の話

 

 
私は、20代中頃から 歯の黄ばみに悩む様になりました。
初めの頃は、とにかく丁寧に歯を磨いたり、着色の原因となる 色の濃い飲食物を控えるなどして対策をしてきましたが
 
白くなるどころか、時が経つにつれ、歯の黄ばみが目立つようになりました。
ちなみに、喫煙者だった私がタバコを辞めれる程、歯の色に悩んでいました!
 
これって病気 なのかなって思うほどです。
 
最終的に、歯医者でクリーニングをするようにして 対策していたのですが
それでも1ヶ月も経たないうちに、徐々に黄ばみが目立つようになるんです
 
そんなある日、いつも通り歯医者で歯のクリーニングを行った際
 
先生に言われた一言が
 
「歯が黄ばむ原因を抑える事も大切ですが、
汚れや着色が付きにくい歯を作る事が、最も大切ですよ!」
 
と言われたのです。
 
当時の私の歯は、とにかく汚れや着色 が付きやすい歯になっていたのだと思います。
 
 
「汚れや着色が付きやすい歯ってなんですか???」
「付きにくい歯にするには どうしたらいいのですか??」
 
 
 
ホワイトニング専用の歯磨きジェルを使用してください。」
「また、研磨剤の入った歯磨き粉は使用しないようにしてください!」
 
 
 
「いやいや、、ずっとホワイトニングジェルの使用を続けています。」
「それでも、効果がありません!!!!助けてください・・・」
 
 
 
先生は、思いついたかの様に 突然 手を叩いて・・・
 
「では、お口が乾燥しているなって 思う事はありませんか??」
 
 
 
「おおお・・・?」
「あるような・・・いやあります!あります!!」
 
 
 
 
お口が乾燥する事で、唾液の分泌量が少なくなっている人は歯を十分に守る事が出来ず様々な トラブルが考えられますよ、歯の黄ばみも然りです!!」
 
 
 
(えー!?問題は、歯じゃなかったって事???)
 
 
「お口の乾燥だけでなく、ストレスや睡眠不足、で唾液の分泌量が激減してしまうって事も考えられますよ!!ガムを噛むなどして常に唾液が分泌しているように対策して見てください!」
 
 
 
確かに私は、以前から お口の乾燥も酷いなと思っていたのです。
 
朝起きた時、お口がネバネバしていたり・・・

パソコン作業をしていると、お口がカラカラになっていたり・・・

スマホでゲームしている時には、お口が開いていたり・・・

口に虫が入るよ!!!って子供の頃から母親によく言われてました。
 
だけど、唾液がそこまで大切だったとは思いませんでした。
あの日は、帰って早速、唾液の効果について 色々調べた事を覚えています。
 

唾液のおそるべし効果

唾液の一日の分泌量は、大体1〜1.5リトルも分泌しており
常に、口内環境を整えようと働いてくれているんです。
 
その効果は、
 
  • 口腔粘膜を守る
  • 口内洗浄
  • 殺菌と抗菌
  • プラーク(歯垢)の発生を抑える
  • 歯の脱灰を防ぐ
  • 歯のエナメル質の修復
などに効果があり 口臭や虫歯、歯周病にも効果があるのです!!
 
唾液が、ここまで凄いとは思いもしなかった・・・
 
それから、私は唾液の分泌をよくする方法をいくつも試し
お口の乾燥を防ぎ、口内環境を整える様にと意識しました。
 
思っていたよりも、簡単にできる習慣なので今でも続けています。
 

お口の乾燥を防ぎ、唾液の分泌をよくする簡単な習慣

・いつも以上によく噛んで食べる
普段から、よく噛んで食べるようにする事で、副交感神経が刺激され唾液の分泌が良くなります。
 
一度試して見てください、唾液が沢山分泌され、早く飲み込め〜!!!
って状態になります。これも唾液の持つ効果の様です!
 
咀嚼(そしゃく)は脳の活性化、ストレス解消、肥満防止など、様々な効果が得られる事で有名です。
 
 
・こまめに水を飲む
利尿作用が働くコーヒーやお茶は、余計にお口が乾きやすくなりますので注意!
 
また、 炭酸飲料やスポーツドリンクなどは、着色補助食品とも言われているので注意!
 
お水をこまめに飲むのが理想です。常にお口の乾燥を防ぐように意識してください!
 私は、喉が渇いていなくても こまめに水を飲む様にしています。
 
 
・口呼吸をやめ、鼻呼吸を意識する
お口の乾燥、唾液の分泌が少ない人の特徴で多いのが 口呼吸をしている人の様です。  集中している時に、お口が少し開いている事はありませんか?
 
私は、常に口呼吸になっていました。
寝ている時も口で呼吸をしている為、朝起きた時のお口の中は いつもネバネバでした!

寝るときはマスクをする、日中は ガムを噛む、アメを舐めるなどして鼻呼吸ができる様に対策して見てください!
特に、ガムを噛む事で、常にお口に唾液が分泌されるよになりますので、一石二鳥です!
 
 
・暇があれば、とにかく舌の体操をする
 
ガムを噛む、アメを舐める、という方法をご紹介しましたが、舌の体操も いつでもどこでも 簡単に出来て大変有効です!!
 
お口の中で、舌を上下左右に 動かすだけで 唾液が沢山分泌されます。
 
口を閉じて行うので、口呼吸の対策にもなりますので是非試して見てください!
また、顎の筋肉も鍛えられ、小顔効果にもなる様です!
 

歯を守る為に!歯磨きでの注意点

 
汚れや着色が付きにくい歯を作る事で、口内環境を整える事は本当に大切ですが、歯磨きの際も注意が必要です!
 
歯磨き粉は、研磨剤を使用していない歯磨き粉を使用する様に心がけてください!
研磨剤の効果で歯が傷ついてしまうと 汚れや着色がつきやすい歯になります。
 
また、早く 歯の黄ばみを落としたいからと、ゴシゴシと強く磨く事も危険です。
 
できれば歯磨き粉ではなく、ホワイトニング専用の歯磨きジェルがお勧めです!
 
歯に 汚れや着色が付きにくくする為の 成分が含まれており しっかりと歯をコーティングしてくれます。
 
可能であれば一度、歯医者での 歯のクリーニングをお勧めします!
 
長年染み付いた汚れや着色は、流石に 歯磨きジェルでも落とす事は困難だと思いますので・・・
 

まとめ

とにかく、お口の乾燥を防ぎ、唾液の分泌量を増やす習慣を手に入れたお陰で
今では、歯医者に通う事もなくなり、自宅で簡単なホワイトニングケアのみだけで歯の黄ばみを防ぐ事ができる様になりました。
 
流石に、オフィスホワイトニングで治療をした、芸能人の様な真っ白な歯ではありませんが  ごく普通の歯の色をキープできる様になりました!
 
「歯の黄ばみが突然目立つ様になった」
「磨いても、磨いても歯が黄色くなる」
 
この様な悩みがある あなたのお口は乾燥していませんか?
今一度思い出して見てください!
 
また、お仕事での疲れや ストレス、加齢により唾液の分泌が激減すると言われています。
「最近、歯の黄ばみが目立つ様になった」この様な悩みの場合は、特に意識して見てください!! 
 
本当にオススメの対策です!!
 
それでは唾液を十分に分泌させて 白い歯を取り戻していきしょう!!!
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。
 
 
↓これ知ってますか???

歯を守るホワイトニングジェル【ディノベートデンタルホワイトプロ】がオススメ!

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す